« ご無沙汰しました | トップページ | エレベーターの痛い思い出 »

2006/06/04

道案内

引き続き、今日も休日出勤です。
昼食は、息抜きに外に食べに出ました。
そのついでに、夕食の買い物をして買い物袋を手に会社に戻っていると、車から降りてきたおじさんに道を聞かれました。
おじさん「この道をまっすぐ行ったら何処に行きますか?」
私   「へ?」
おじさん「広島に行きたいのですが、どっちに行ったら行けますか?」
私   「・・・・・・・・・」
おじさん、ここは大阪です。
そんな長距離の道案内は出来ません。
私は車の免許を持っていませんので、車で走る道の案内は尚更できません。
それでなくても、私、方向音痴なのに。
トイレに行ったら、来た道が分からなくなる私に道なんて聞かないで~!

近くの交番の場所をお教えさせていただきました。
ふ~。

話を聞かない男、地図が読めない女

« ご無沙汰しました | トップページ | エレベーターの痛い思い出 »

コメント

こんばんは~♪
えっ、今日もお仕事ですか、大変ですね~。
美味しいものをたくさん食べて、栄養つけて乗り切ってくださいね。

大阪にいるのに、広島へ行きたい・・・という道案内、そんなの、
無理ですよね~。
私も免許持ってない&超方向音痴だから、車でどうのこうの・・・何度嘘を教えたことがあることか。
(その時はわからず、結果的に嘘に・・・あぁ・・・)

方向音痴同盟でも一緒に作ります?

今日もご苦労さん!
僕も静岡へ来た頃は大変だった。北海道の小さな町では道に迷うなんてあり得ない。だからはじめは車でよく迷いました。「一方通行」そんなの実家の町にはなかったもんな!

休日出勤お疲れサマでーす。
代休ちゃんと取れるかな??

大阪と広島・・私も言いそう。
だって静岡にいると、大阪も広島も同じような感覚だもん。

きっと静岡駅前で「箱根はこの道でいい?」と聞くような感じでしょうか・・う~ん、そう考えると確かに答えにくいわぁ。

>ぴよ 様
方向音痴同盟!良いですね!
私も、歩いていく感覚で教えたら、車では行けなかった~ってことあります。
お店に入って、帰る時反対方向に行くくらいならまだかわいいほう。
レストランでトイレに行ったら、自分の席が分からなくなることもしばしばです。
まわりからはあきれられる一方ですが、直りませ~ん。


>salmon 様
そうそう、一方通行!
これって、車もバイクも運転しない人間には全く分からないんですよね。
北海道って一方通行ないのですか?


>hirorin 様
自主的な出勤なので代休はありませ~ん。
ただし、もともと平日に風邪とかで休んでもお給料にはひびかない会社なので、休日出勤手当ても関係なしです。
そうじゃなくても忙しくて出てきてるので、平日休んだりしたらまたパニクっちゃう。
仕事ためるのもストレスになるもので・・・(^_^;)

ひろさん、真面目に仕事こなしてそうだもんね。尊敬~
私なんてどんなに忙しくても、もうやだって思ったら手をつけないから、あとでパニくってばっかりです。
カニ食ってばっかりならいいけど・・あ、関係ないわ。

でも、「今日はパニくるぞ~」と覚悟を決めると何とかなる・・ような、ならないような。

方向音痴同盟☆ ぜひ参加させてください♪
道を三回曲がると、もう元の道には戻れませんっ

ちなみに地図が読めない女の典型でもありまーす(威張るな?)

車を買うときに、車のランクを落としてでも
迷わずナビをつけました♪♪
これでとりあえず自宅には帰れます☆

>hirorin 様
土壇場で気合入れれば、きっとどうにかなるもんなんですよね。
私の場合、長期の土壇場です。
でも、これが目一杯。
これで無理なら、プラス早朝出勤か土日も夜遅くまで働くか・・・となります。
私も結構ぎりぎりまで置いといて1人でパニ食ってるんですよ。
1人でカニ食ってたらねたまれるけど、1人でパニクってたらさわらぬ神にたたりなし・・・となります。


>ちい 様
おぉ!
方向音痴同盟が3人になりました♪
私も3回曲がったらわけわかんなくなります。
地図は、向かってる方向に合わせて地図の向きを変えないと分かりません。
人に連れて行ってもらった初めての場所は、絶対1人では行けないし・・・。


僕の記憶する限り札幌ぐらいしかないのでは???

>salmon 様
へ~!!!
広いから必要ないのかなぁ。
さすが、北海道ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37481/10389777

この記事へのトラックバック一覧です: 道案内:

« ご無沙汰しました | トップページ | エレベーターの痛い思い出 »