« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006/10/25

チャーシュー

20061021_2231_0000

チャーシューが食べたくて、デパ地下で買ってきました。
ラーメンに入れるなら、味の濃いこってりしたチャーシューが美味しいですが、そのまま食べるなら中が白いあっさりめが好きです。
これ、すごく柔らかくてふわふわしてて美味しかった。
焼いた周りのたれの味も良い感じ♪

チャーシューも、いろいろなタイプがありますね。
こってりチャーシューから蒸し豚のようなものまで。
焼き豚とチャーシューって、違うものなのかな?
★楽天ランキング中華惣菜1位!★TV番組で芸能人の方にも召上って頂きました♪島の生絞り醤油と... 簡単に噛みきれる柔かさ、美味しい!【冷凍・冷蔵可】トロットロ!琉球焼豚500g 適度な歯ごたえと脂身の少なさが特徴のチャーシューですお得チャーシュー(小)oz50097-001

2006/10/24

酢橘を使った料理

20061022_2131_0001 20061021_2159_0000

酢橘を3個もらって何に使おうか考えた末、きのこのホイル焼きとかぼちゃの煮物に使ってみました。

ホイル焼きは、スープの残りのしめじ・えのき・白ねぎをお酒とお醤油を少しかけて包んでオーブントースターで焼き、出来上がりに酢橘をたっぷりかけていただきました。
これは、想像通り美味しかったです。

かぼちゃの煮物は、味付けの時に酢橘を1個搾り込んだのですが、ほのかな酸味があるだけで酢橘の香りがせず、皮が必要だったんだと思って翌日温める時に皮を入れてみました。
ほのかに香りがして美味しかったですが、私の想像している味とは違いました。
以前、とあるお店で、食べると中まで酢橘の香りがしみこんだかぼちゃの煮物を食べたことがあって、それを作りたかったのだけど、失敗です。
どうやったらあのかぼちゃの煮物になるのかなぁ。

ところで、酢橘を使う料理と言えば「土瓶蒸し」。
本当はこれが食べたかった!
誰か香りの良い松茸くださ~い。
あ、土瓶蒸しの土瓶も持ってなかった。

【秋の味わい!】 鱧と松茸の土瓶蒸し 1人前  平丸黒釉土瓶蒸し(耐熱)

2006/10/23

豆腐スープ2種

20061021_2206_0001 20061022_2131_0000

週末は、2種類の豆腐スープを作りました。
写真だと違いが分かりにくいのですが、左は豆板醤入りの酸辣湯(サンラータン)で、具は、豆腐・筍・えのきだけ・白ねぎ・ササミです。
胡椒の辛さの酸辣湯よりこっちの方が好きな味でした。
右はうどん出汁のようなお出汁で、具は豆腐・しめじ・白ねぎです。
お出汁は水溶き片栗粉でとろみをつけ、食べるときに七味をふって食べました。
こっちの方が好き!
白ねぎを入れてなかったら、七味ではなくおろし生姜を入れても美味しいと思います。
次はそうしてみよう!
どちらも豆腐は、鍋物用のかための絹ごし豆腐です。

豆腐をさがしていたら、こんなのみつけちゃった。
昭和レトロなハイカラ通り~ミミチャン横丁ファスナーマスコット(麻婆豆腐)AT041903

2006/10/21

Cat

仕事中、時々事務所の窓からこっそり猫を見て癒されています。
見えるとは言っても、7階の窓から近所の2階建ての倉庫の屋根にいる猫を見るので、小さくしか見えません。
それでも、広い広い倉庫の屋根の上で、小さな猫が寝ていたりグルーミングをしている姿は何だかのんびりしていて癒されます。

写真は窓越しに撮った上に小さくて何が何だか分からないですが、写真をクリックして大きくすれば、小さいですが見えると思います。

2006/10/20

酢橘

20061020_1113_0000
採りたての酢橘を頂きました。
わ~い、わ~い♪
週末、これを使って何を作ろうか思案中です。
実は、もらったのはこの3個だけ。
酢の物、ホイル焼き、鍋の薬味・・・。
どうしようかな~。

2006/10/19

今日のお昼ご飯

20061019_1234_0000

これは、今日のお昼に食べた某スーパーの「白エビと舞茸の掻揚げ丼」です。
事務所でこれを食べていたら、どこからかショウジョウバエに似たハエが飛んで来て、私と丼の周りを飛び始めました。
近づくたびに、箸を持っていない左手で追い払っていたのですが、払っても払ってもしつこく飛んできます。
も~!たたいてやろう!
そう思い箸を置こうとしたその時、丼につっこんだ箸を持った右手に、ハエが止まりました。
チャンス!
バシッッ!!!
自分の右手を左手でたたき、見事、ハエに命中。
そして、ハエごとたたかれた箸を持った私の右手は、たたかれた衝撃でピクっと箸ごと跳ね、箸にはじかれて丼のご飯粒が宙に舞ったのでありました。
丼の周りに散乱したご飯粒を前に、ぼ~ぜん。

昼ごはんは、穏やかな気持ちで食べたいものです。


今が旬!富山県特産釜揚げ白えび約400g(約100g・50匹前後×4個)

2006/10/18

菜心

昨日は中華を食べに行きました。
そこで、初めて「菜心(サイシン)」という中国野菜を食べました。
茎を食べる野菜だそうです。
ここでは、貝柱と一緒に塩味で炒めていただきました。
コリコリしてとても美味しい。
野菜好きの人なら気に入ると思います。

ちょっと調理方法は違いますが、こちらのサイトに菜心料理が紹介されていました。

おりな秋蒔き種子中国野菜サイシン(菜心)3mL小袋詰

お酒は紹興酒をいただいたのですが、ボトルでたのんだため半分くらい残してしまったので、お店の人にお願いしてお持ち帰りさせてもらいました。
うふふ、家飲みの楽しみが出来ました。
週末に、紹興酒に合った料理を作って楽しみたいと思ってま~す!

2006/10/17

最近見たDVD

「夢駆ける馬ドリーマー」と「グレイテスト・ゲーム」を見ました。
どちらも、サクセスストーリー。
気持ちがすっとして、こういう話好きです。
頑張ろうって思えちゃう。
単純?

夢駆ける馬ドリーマー スペシャル・エディション グレイテスト・ゲーム【VWDS-3187】=>20%OFF!グレイテスト・ゲーム

またまた出し巻きに挑戦

20061015_2052_0000 20061015_2053_0000

こりもせず、またまたねぎ入りだし巻きに挑戦しました。
今回はねぎが入ることを考えて、少しだけお出汁を少なくしてみました。
形は今までで1番きれいに出来ました!(出汁を少なくしたからか・・・)
食べた感じは、もう少ししっとりした感じになってくれたら良いのにな~って感じです。
お出汁は少なくしないほうが良かったのかな?

今まで白身のかたまりがあるのが気になっていたのですが、あっていいんだって分かりました。
だってこれ、あるもの。
おうどんやさんの出し巻き卵♪

烏骨鶏卵の出し巻き玉子なんてあるぅぅぅぅぅぅ!
1本4800円だって!高っっ!!!
烏骨鶏卵の出し巻き玉子

2006/10/16

煙ふせぐ~ん

20060930_0033_0001 20060930_0033_0002

先日北海道で泊まったホテルに置いていた備品です。
その名は「煙ふせぐ~ん」。
透明の大きな袋で、火災で逃げる時これを使えば煙を吸わずに逃げられるということのようです。
使い方は、この袋いっぱいに空気を入れて頭からかぶり、首のところで絞って片手で持つ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?
それって、ただの大きな透明ビニール袋じゃ・・・・・?

2006/10/13

まりもっこりの友達

まりもさんにシーサーもっこりがあると教えて頂いたので、まさか他にもあるのか!!と思い探してみました。
あった・・・・・。

【富士山限定】日本一!ふじもっこり根付(ピンク) 沖縄名産シーサーもっこりストラップ
他にも、
むらさきいもっこり
まめもっこり
なんてあって、
まりもっこり オフィシャルブログ
までありました。
まだまだありそうなんだけど、検索すると変なのがいっぱいヒットするのでここまで。

2006/10/12

客商売は難しい

最近リニューアルしたオフィス街のうどんやさんは、定員さんは殆どおばさんです。
一昨日昼食を食べに行った時、おばちゃん店員さんがお茶の入ったポットを持ってきてくれたのですが、お湯のみがなかったので、
「すみません、お湯のみくださ~い」
と言ったら、
「後で持っていくって言いました!」
と言われてしまいました。(そんなセリフ聞こえなかったけど・・・)
その対応、何か違うぞ~と思いつつ、昨日もその店に行ったら、今度はよそのサラリーマンのおっちゃんが怒りながら、
「注文してない物を黙って勝手に置いていくとはどういうことや~!!」
と言うと、おばちゃん店員さんは、
「伝票がこの席の番号でしたから」
と言ってました。
伝票に席番号を書くのは店員さんでしょ~・・・。
何とも大変なお店です。
そんな中で、そういう店員さんに対して、
「あなた、何言ってんの!あやまりなさ~い!!!」
と注意していたおばさん店員さん。
この店にはきっとあなたが必要です。
頑張って!

2006/10/11

ラーメンサラダ

北海道へ行った時、ラーメンサラダなるものを食べました。
以前北海道へ行った時、居酒屋さんのメニューで良く見かけていて気になりつつ食べなかったので、今回はチャレンジしました。
冷やし中華みたいなのかな~と思っていたら、ラーメンと野菜をマヨネーズ風味のドレッシングで混ぜ混ぜしたものが出てきました。
恐る恐る食べてみると、美味しい♪
冷やし中華とは別物でした!
どちらかというとサラダスパに近い感じで、麺がラーメンの麺なのでするすると食べやすく、マヨネーズ風味のドレッシングとも合ってて美味しかったです。
妙なものを嫌う年代のおじさん達も、美味い美味いと食べていました。
このラーメンサラダ。
大阪では見かけません。
北海道の郷土料理なのかな?

2006/10/10

煮込み豆腐

20061009_2018_0000
お豆腐が大好きで温かいお豆腐を食べたかったので、勝手に考えた煮込み豆腐を作りました。
少し濃い目のうどん出汁くらいの味でたっぷりお出汁を作り、木綿豆腐を入れてことことことこと煮込みます。
しっかり味がしみたら器に盛り、お出汁をたっぷりかけてとろろ昆布と刻みねぎをのせて出来上がり!
お豆腐ととろろ昆布とねぎの組み合わせが、とっても美味しいです。

20061009_1848_0000
これは、厚削りのかつお節です。
お出汁が命だな~と思ったので、ちょっと贅沢して手間もかけて厚削りのかつお節と昆布を使って出汁をとりました。
厚削りなら、風味がとても良い上に、あわてなくてもちょっと煮込んで出汁がとれるし、かつお節を取り出すのも簡単なのでなかなか便利です。
いつもは粉末のだしですが、たまにこういう手間をかけるととても美味しくてうれしくなっちゃいます。

鹿児島産一本釣 鰹厚削り (AK-1) 500g

2006/10/09

早起き

連休中、日帰りで東京に行ってきました。
飛行機で行ったのですが、日帰りなので高い航空運賃はもったいないので早割りをとり、その上、一番早い時間の飛行機だと運賃が安いのでそれで行きました。
一番早い飛行機は、午前7時15分発で、11,600円。
その次の8時以降(午前中)の飛行機は14,100円~15,600円。
早起きは3000円の得なのです!
もう早起きするっきゃないですよね!

家を出た時は真っ暗で、空港につく頃朝日が昇りました。
朝日の中の空港の景色も、得した気分でした♪

2006/10/05

おっさんとおねえちゃん

会社のAさん(57歳)との会話です。

私 「○○社の△△さんて、いくつくらいの人?」
A  「え~、も~おっさんやで~。」
私 「じゃあ、Aさんと同じくらい?」
A  「いや、40前後。」

40前後の△△さんがおっさんなら、57歳のAさんはじいさんやんか!
・・・と、心の中で叫びました。

このAさん、奥さんとは分かれていて今は彼女がいるそうで、いつも彼女のことを「おねえちゃん」と呼んでいるので、若い彼女がいるなんて見かけによらないな~と思って聞いてみました。

私 「Aさんの彼女っていくつ?」
A  「僕の5つ下!」

Aさんの5下ということは、52歳。
40歳前後の男性がが"おっさんで、なぜ52歳の彼女が"おねえちゃん"なんだ!?
Aさん、私はあなたの基準が知りたい。

キューピー携帯ストラップ(おっさんQP/オヤジの寅さん)


2006/10/03

おやじギャグ

今回の北海道旅行は社内旅行だったのですが、おじさんと呼ばれる年の人が多いのでおやじギャグを良く耳にしました。
中でも多かったのは、地名をもじったギャグです。

旭山動物園に向かう車中、

地図を見ながら、
「おい、稚内はどこや?」
「わっかんな~い」

”茶志内”という地名の看板を見て
「茶~しない~?」

他にもいろいろあったけど忘れちゃったのですが、とにかく良く思いつくな~と感心することしきり。

そんな私も、ギャグを言うつもりじゃないのに言ってしまいました。

ゴルフ場から観覧車が見えたので、

私「遊園地があるの?」
Aさん「あぁ、テイネハイランドだよ」
私「え!?テイネンハイランド!?」

一瞬、定年を迎えた方達の楽園かと思った・・・。


これは、まりもおやじ。
   ↓
【富士五湖限定】まりものおやじ根付(ピンク)


2006/10/02

北海道に行ってました

週末、北海道に行ってました。
当日の朝、遅くなってあわててボストン抱えて走ったら、思いっきりすっころびました。
ゴルフは楽しかったけど下手なので、翌日筋肉痛でした。
旭山動物園に行ったら、人が多すぎてゆっくり見れませんでした。(人ごみが苦手なのです)

でも、食べ物は何を食べても美味しかったです!
安いお店に行ってもお米がちゃんと美味しくて感激!
大好物のウニがめちゃうまで、またまた感激!
朝昼兼用の食事で食べたジンギスカンも美味しかった!
久しぶりにブランデーをロックで沢山飲んで、とても楽しかった!

何よりも1番感激したことは、北海道の人は皆優しいの~!
ゴルフ場やお店の人はもちろん、コンビニですれ違った現場のお兄ちゃんまで優しかったです。
とても楽しい良い旅行でした。

写真は、以前saimonさんのサイトで紹介されていたのを思い出して、絶対買おうと決めていた「まりもっこり」です。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »