« 血のつながりって不思議 | トップページ | なんでだ!? »

2009/08/20

引き続き食事のこと

前回、父の歯がなくても美味しく食べられる食事を考える内容で書きましたが、今回も引き続き考えます。
今までは、とにかく"歯がなくてももぐもぐして飲みこめること"を一生懸命考えていましたが、今回帰省した時、おにぎりは良く食べるのに他のものがなかなかすすまない父を見ていて、ふと気付きました。
"美味しい"ことも当然大切なんですね。
"形"にとらわれすぎて、"味"が二の次になってたんじゃないか!?と思いました。
それと、盛り付け。
健康でもりもり食べられる人なら適当に盛り付けててもたくさん食べてくれますが、歯が不自由なうえに食の細い父には、見た目の演出も大切なんじゃないかと思いました。
手のこんだ料理じゃなくても良いから、品数をちょっと増やして少量ずつきれいに盛り付けると満足感も増えるのではないかしら。
安い食器屋さんで小皿を買って、日曜日の夜にでも作ってみようかな(食べるのは私だけど・・・)

« 血のつながりって不思議 | トップページ | なんでだ!? »

コメント

この前書いたけど
たとえば人参をミキサーでジュース状にしてから
そこにゼリーとか片栗粉を入れて固めてから包丁で切る。
そんなイメージで、食材によって固め型が難しいみたいだけど、なんでも工夫次第でできちゃうみたい。
肉じゃがなんかもそうやってひとつひとつの具材を作って、最後に味付けしたところにひとまとめ~みたいな感じ。
http://sezon.biz/lowprice/2006/10/

あんまり参考になるものが見つからなかったけど、たぶんこういう発想?

>hirorin 様
サイトまで調べてくれて、本当にありがとう。
父は、野菜類はやわらかくなるまで煮たり炒めたりすれば食べれるのだけど、豆や茸はそれでも無理なんです。
魚は食べれるけど、肉は無理。
そんな感じで、そのままでは食べられないものは刻んだりつぶしたりするんだけど、物によってはそれでは気に入らなかったりするようで。
hirorinに言われて気付いたんだけど、固める作業が必要だったのかもしれない。
例えば、ぽろぽろのミンチ肉では食べづらいけど、ハンバーグだと食べやすいような感じ?
ちょっといろいろ考えてみるね。
本当にありがとうhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37481/45979200

この記事へのトラックバック一覧です: 引き続き食事のこと:

« 血のつながりって不思議 | トップページ | なんでだ!? »